とけこむ?めだつ?生物の色とデザインの不思議を学ぶ

 多摩動物公園は、生物の色やデザインにスポットをあて、生物のさまざまな生存戦略についての知識と関心を深める企画展示「色・彩─生物のいろとデザインの不思議」を、10月1日から12月1日まで開催する。

教育イベント 未就学児
色・彩─生物のいろとデザインの不思議 (c) 公共財団法人東京動物園協会
  • 色・彩─生物のいろとデザインの不思議 (c) 公共財団法人東京動物園協会
  • 多摩動物公園
 多摩動物公園は、生物の色やデザインにスポットをあて、生物のさまざまな生存戦略についての知識と関心を深める企画展示「色・彩─生物のいろとデザインの不思議」を、10月1日から12月1日まで開催する。期間中は、鳥の色についての講演会も開催される。

 生物の体の色や模様は、生きている環境や生活が深く関わっており、厳しい環境を生き抜くために役立っているという。同企画展では、生物の色や模様について学びながら、生物の多様性や環境の大切さについて考える機会を提供したいとしている。

 展示では、解説パネルや標本展示などを用いて、「とけこむ」「めだつ」「かわる」という3つの生物の生存戦略についてそれぞれ紹介する。保護色や隠蔽色と呼ばれる環境にとけこむ色を持つ生物にはどのような種類がいるのか、体の色をかえる生物の変化の仕組みはどのようになっているのかなど、多摩動物公園内の生物を紹介しながらわかりやすく解説している。

 また、11月15日には、特別講演会「色が魅せる鳥の世界―飼育の鳥・野生の鳥」も開催。鮮やかな発色や機能を持つ鳥の色に着目し、動物園で飼育されている鳥のプロと野鳥のプロの2人の講師がそれぞれの専門分野から興味深い講演を行う。

 企画展示、講演会ともに、参加費は無料。事前の申込みも不要だ。日頃着目することの少ない「色」について、新たな発見が期待できる企画となっている。

◆企画展示「色・彩―生物のいろとデザインの不思議」
期間:2015年10月1日(木)~12月1日(火)
時間:9:30~16:30
会場:園内 ウォッチングセンター展示ホール
参加費:無料(別途入園料のみ必要)

◆講演会「色が魅せる鳥の世界―飼育の鳥・野生の鳥」
日時:2015年11月15日(日)13:30~15:00
会場:園内 ウォッチングセンター動物ホール
定員:150名
参加費:無料(別途入園料のみ必要)
申込み:不要(当日先着順にて入場)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)