2016年春の花粉予測…東京シーズン並、大阪2倍

生活・健康 その他

2016年春の花粉の飛散予測(前シーズン比)
  • 2016年春の花粉の飛散予測(前シーズン比)
  • 2016年春の花粉の飛散予測(例年比)
  • 東京千代田区の花粉飛散数の推移(日本気象協会観測)
  • 大阪市の花粉飛散数の推移(日本気象協会観測)
 日本気象協会は、10月7日に全国・都道府県別の2016年春の花粉の飛散予測(第1報)を発表した。それによると、花粉飛散数は前シーズンに比べて、西日本ではほとんどの地域で多くなり、大阪はおよそ2倍近くになる予想。東京など関東地方は前シーズン並みだという。

 日本気象協会は2016年の花粉飛散予測を、前シーズン比、例年比に分けて発表した。前シーズンの2015年春は、スギ、およびヒノキの花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、例年に比べて西日本を中心に少なかったが、東北地方では多かった。

 まず予測を前シーズンの2015年の花粉の飛散と比較すると、四国地方と九州地方で約1.5倍増、東海地方、近畿地方でも前シーズンより花粉がやや多く飛ぶ予測となっており、前シーズン飛散数の少なかった大阪は、およそ2倍近くになる見込み。一方、関東地方や中国地方ではほぼ前シーズン並みで、北海道や東北・北陸地方は前シーズンに比べると、やや少ない見込みとなっている。

 この予測を例年比で見ると、東北地方は例年並み以上の飛散、そのほかの地域では例年並みか、下回る見込みとなっている。これは2015年夏、東北地方が、高温・多照・少雨など、花芽が多く形成される気象条件が揃ったことによるという。そのほかの地域では、花芽が形成される夏の気象条件が揃わなかったため、花粉の飛散数は例年よりは少ない見込みになっている。

 日本気象協会は、詳細な情報を「2016年春の花粉総飛散数予測資料」として販売する。予測は2015年夏の気象条件などをもとに作成しており、今後花芽調査などのデータを加え、内容を更新していく予定。
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)