留学支援「トビタテ!留学JAPAN」高校生500人募集…2/17まで

教育・受験 高校生

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」高校生コース
  • 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」高校生コース
  • 留学期間と支援予定人数
  • 募集内容
  • 応募書類提出の流れ
  • 審査スケジュール
 日本学生支援機構は10月21日、平成28年度官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」高校生コースの募集を開始した。支援予定人数は500人。募集期間は2月17日まで。

 「トビタテ!留学JAPAN」は、2020年までに日本人の海外留学生数を12万人に倍増させるという政府目標のもと官民協働で創設されたプログラム。高校生コースでは、多様な分野においてリーダーシップを発揮し、世界で活躍しようとする、または日本から世界に貢献しようとする意欲のある高校生を募集する。

 対象は、日本の高校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程に在籍する日本人生徒。留学計画などにも要件がある。採否は、書類による一次審査と面接による二次審査を経て決定する。派遣留学生には、諸外国への留学に必要な費用の一部を奨学金などとして支給する。留学の前後には研修も実施する。日本代表プログラムに選ばれた場合は、奨学金月額12~20万円、渡航費10~20万円のほか、上限を60万円として授業料実費が支援される。返金の必要はない。

 応募分野は、「アカデミック(テイクオフ、ショート、ロング)」「プロフェッショナル」「スポーツ・芸術」「国際ボランティア」の4分野。留学先の国や地域は自由に選ぶことができ、複数の国で活動する計画でも応募可能。留学期間は、2週間~3か月。「テイクオフ」は2~3週間、「ロング」は4か月~1年。

 支援予定人数は500人。応募は2月17日午後5時必着。応募書類は、Webサイトからダウンロードできる。採否決定は平成28年5月中旬、事前研修は平成28年6月。

◆平成28年度官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」高校生コース
応募期間:平成27年10月21日(水)~平成28年2月17日(月)17時必着
支援予定人数:合計500名(アカデミック:260人、プロフェッショナル、スポーツ・芸術、国際ボランティア:各80人)
支援内容:事前・事後研修参加費、奨学金(授業料、現地活動費、往復渡航費)
留学開始時期:平成28年6月24日~平成29年3月31日
二次面接開催地域(予定):北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、九州、沖縄
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)