【年末年始】北日本で大荒れの天気、太平洋側は初日の出に期待

生活・健康 その他

年末年始の各都市の天気(25日・午前11時発表)
  • 年末年始の各都市の天気(25日・午前11時発表)
  • 初日の出見えるかな?マップ(25日・午前8時発表)
 日本気象協会は、年末年始(2015年12月26日~2016年1月3日)の天気について発表した。12月29日にかけて北海道・東北を中心に大荒れの天気に注意する必要があるという。一方、元旦の太平洋側は晴れるところが多く、初日の出が期待できそうだ。

 12月26日から29日にかけては、この冬一番の寒気が南下するため、冬型の気圧配置が強まり、北日本を中心に大雪や強風など大荒れの天気になる見込み。また、北陸の平地でも、まとまった降雪となる恐れがあるという。帰省や旅行で出かける際には、交通機関の乱れや、車の運転に注意が必要だと呼びかけている。一方で、太平洋側は晴れるが、27日・28日は厳しい寒さとなる見込み。

 12月30日から年明け1月3日にかけては、一転して、高気圧に覆われる日が多くなる予報。そのため、太平洋側の地域は関東~近畿を中心に晴れる日が多い見込みだという。気温も平年より高いため朝晩の冷え込みも弱く、風も弱いため穏やかで過ごしやすい年越しになりそうだ。

 日本海側は、北海道・東北は雪、北陸以西は雨の日が多いが、平年に比べ降雪量は少なく、荒れる日はない見込み。北海道から九州の日本海側では、30日以降平年に比べ気温の高い日が続くため、山間部では雪崩にも注意が必要だ。奄美・沖縄では、低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多く、気温は平年並みか高い日が多い見込み。

 元旦は、寒気が南下し弱い冬型の気圧配置となる見込み。北海道の十勝地方や東北から近畿の太平洋側では晴れ間が広がり、初日の出が期待できる。ただし、屋外で初日の出を見る場合は冷え込みが強くなるため、しっかりとした防寒対策が必要だという。一方で、北海道から北陸の日本海側の地域では曇りや雨・雪の予報となり、初日の出を見ることは難しい模様。西日本(近畿~九州)も雲は広がりやすいが、平野部では雲の切れ間から初日の出は見られるところもありそうだという。

 12月24日には、気象庁から「異常天候早期警戒情報」が発表され、12月30日頃から約1週間(沖縄のみ29日からの約1週間)は、全国的に「気温が平年よりかなり高くなる確率が30%以上」と予想されており、広い範囲で比較的暖かい年末年始となる見込み。太平洋側の地域は晴れる日も多く、過ごしやすい年末年始になりそうだという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)