シーソーの秘密について考えよう、小学生対象なぜなに実験教室3/12

教育イベント 小学生

「夢・化学-21」委員会
  • 「夢・化学-21」委員会
  • なぜなに?かがく実験教室
 「夢・化学-21」委員会は1月20日、無料の理科実験教室「なぜなに?かがく実験教室」の応募受付を開始した。対象は小学1~4年生。「ものの重さとバランス」をテーマに3月12日に開催する。1日2回実施、定員は各回40人。

 「夢・化学-21」委員会は、日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会の4団体が組織。実験や工作・観察などをとおして、科学の持つ不思議を体験し、理解を深めてもらおうと、「かがく実験教室」を毎年開催している。

 3月12日のテーマは「ものの重さとバランス」。東京都北区立稲村中学校の樋口健太郎先生による直接指導のもと、超精密てんびんばかりを作りながら、重さとバランスや「シーソー」の秘密について考える。対象は、小学1年生から4年生。会場は、科学技術館4階実験スタジアム。午後1時半からと午後3時からの2回開催する。時間は45分間(延長の場合あり)。定員は各回40人。参加無料で、参加児童と保護者1名の入館料が無料となる。

 参加には事前の申込みが必要。参加希望者は、「夢・化学-21」のWebサイトの参加申込みフォームから申し込む。締切りは2月10日。

◆なぜなに?かがく実験教室
開催日:3月12日(土)
時間:1回目13:30~14:15/2回目15:00~15:45
会場:科学技術館4階実験スタジアム(東京都千代田区北の丸公園2-1)
対象:小学1~4年生
定員:各回40人
参加費:無料
申込方法:Webの参加申込みフォームから申し込む
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)