ティーンに学ぶSNS使い分け術、人気「3大SNS」発表

デジタル生活 高校生

JC・JK・JDのスマホ所持率は!?よく使う3大SNSはこれ!
  • JC・JK・JDのスマホ所持率は!?よく使う3大SNSはこれ!
携帯電話本来の機能である電話やメールはほとんど使用せず、写真撮影に動画投稿など、スマホをカメラの代わりに使用したり、音楽再生やSNSに利用しているイマドキティーン。
マイナビティーンズでは、所有している携帯電話の種類やSNSの利用について調査をしました。
■10代スマホの所持率は2年前から13%上昇。95.4%がスマホを所持。
マイナビティーンズが2013年9月に実施した調査では、スマートフォン所持者の割合は82.4%、ガラケー所持率は14.8%、携帯電話を持っていないのは2.8%でした。
2016年1月の調査では、スマートフォン所持率は95.4%、ガラケー所持率は2.1%、携帯電話を持っていないのは2.5%という結果になりました。

2年前と比較すると、スマートフォン所持率が13%増加、ガラケー所持率が12.7%減少する結果となり、ほとんどのティーンがスマートフォンを使用していることがわかりました。
1日どれくらいの時間スマートフォンを使用するかの質問には、5時間以上と答えたティーンが32%にものぼりました。5時間以上使用するティーンは、帰宅後をはじめ授業中や休み時間など学校にいる間も使用している子が多くみられました。

■SNSは、LINE・Twitter・instagramの3つを使い分け。
使用しているSNSは、LINE、Twitterが圧倒的に多く、続いてinstagramの順になりました。高校生に人気のMixChannelも日常的に使用するティーンは少数でfacebookの使用者とほぼ同数でした。

主なSNSの使い分けとしては、下記のような意見があがりました。
「Twitterは暇な時にみる!LINEは大事な連絡をする時!インスタ(instagram)は思い出など写真に残しておきたい時に使う!」(高校3年)
「LINEは連絡用、Twitterは繋がる用、インスタはオシャレな写真用」(高校2年)
「LINEはトーク 、Twitterはたくさんの人と絡む用、 Instagramはお洒落な人の写真を見る みたいな感じです」(高校3年)
特に最近ティーンの使用率が増えてきているinstagramに関しては、自分が撮影したおしゃれな写真を掲載することはもちろん、海外セレブの情報を得たりしている感度が高めな女子高生が多いことがわかりました。また、更新頻度もinstagramは1日1回までと決めていたりTwitterに比較するとかなり少ない頻度で更新しているようです。
一方Twitterは複数のアカウントを所持することができるため、アカウントによって収集する情報を使いわけているティーンが多く、なんと約3割が5つ以上アカウントを持っていると回答しました。
Twitterで収集する情報は、好きな芸能人、友達のプライベート、趣味と続きました。いずれもリアルタイムで知りたい内容が上位に入りました。ファッション・メイクについての情報収集にTwitterを使用するというティーンは小数に留まりました。

逆にTwitterで自分が発信する情報は何かとの問いには、自分のプライベート、好きな芸能人の情報、趣味と続きました。SNSの使い分けの理由でTwitterは暇つぶしに利用していると答えたティーンが多いことから、今自分が思っていることや、出来事をつぶやくことが主で、周りに役立つ情報を自分から発信することは多くはないようです。

以上のことから、それぞれのSNSによって自分が知りたいことの収集や自分をよく見せるためのツールとして利用するなど、情報収集・選択力とセルフブランディングのための情報発信力が長けていることが現代ティーンの特徴と言えます。
(回答者数483名 マイナビティーンズ調べ/2016年1月実施)

雀部 明日香
10代女子会員6万人を有するマイナビティーンズ編集長。メディアの立ち上げ当初から、毎年多くの女子高生・女子学生とのイベント企画やマーケティングに携わる。「将来、どんな分野であっても活躍する女性になってほしい」という想いを込めて、次世代を担う女性育成の支援、活動の場の提供を行っている。

JC・JK・JDのスマホ所持率は!?よく使う3大SNSはこれ!

《マイナビティーンズ》

関連記事

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)