亀屋万年堂からの新業態「アノヴァン」、春限定の生ブッセ

生活・健康 その他

生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」 春の限定フレーバー「さくら」
  • 生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」 春の限定フレーバー「さくら」
  • 表参道の生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」 製造風景
  • 表参道の生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」店舗外観
  • 表参道の生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」店内
  • 表参道の生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」 水色とホワイトの水玉模様がアイコニックなパッケージ
4月で開店から1周年を迎える表参道の生ブッセ専門店「anovan(アノヴァン)」では、春の限定フレーバー「さくら」の生ブッセが好評発売中だ。

「anovan」は、昭和13年創業の東京・自由が丘の和菓子店「亀屋万年堂」を代表する銘菓「ナボナ」を逆さ読みしたネーミングで、「亀屋万年堂」からの新業態として、日本初生ブッセ専門店として昨年4月6日にオープンした。

「アノヴァン」は、口に入れるとふんわり軽く、やわらかいとろけるような食感のカステラに純生クリームをサンドしたスイーツで、シーズンごとに旬の素材を使ったフレーバーが登場する。

3月に新登場の「生ブッセ さくら」は、クリームに塩漬けした大島桜の葉を刻み合わせ、ほんのり薫る桜の香りと、桜の葉の塩味がアクセントになった一品。販売期間は4月5日(火)までで、価格は1個320円。水玉模様がポップなパッケージで、お手土産にもぴったり。お花見のお共にいかがだろう。

【3時のおやつ】表参道の生ブッセ専門店「アノヴァン」、春限定さくらフレーバーを発売中!

《text:Miwa Ogata》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)