「海とさかな」自由研究・作品コンクール、5/30応募受付開始

教育・受験 小学生

 海や魚への驚き、不思議を表現する「海とさかな」自由研究・作品コンクールが今年も開催される。対象は小学生。「研究」「創作」「壁新聞」の3部門があり、5月30日から9月23日まで応募申請登録を受け付けている。作品応募は9月30日まで。

  「海とさかな」自由研究・作品コンクールは、子どもらしい発想で海や魚を研究・表現した作品を募集するもの。2015年の第34回では、29,736点の作品が全国や海外から寄せられたという。

 テーマは「海とさかなとわたしたち」。「研究」「創作」「壁新聞」の3部門があり、それぞれに賞が設けられている。「研究部門」は、「観察図」と「自由研究」の分野があり、「観察図」は1~3年生を対象に画用紙1枚に観察対象のスケッチと発見したこと、わかったこと、感想などを書く。「自由研究」は、調査・研究・観察・実験を通した記録や感想などをスケッチブック12枚24ページ以内にまとめる。

 「創作部門」では、海や魚について体験したこと、不思議に思ったこと、地域の文化や魚食などについて、「絵画」「絵本」「作文」「工作」のいずれかで自由に表現する。作文には、創作文や詩歌を含む。「壁新聞部門」では、2~5名のグループで協力して1つの壁新聞を制作する。

 応募は、「海とさかな」自由研究・作品コンクールWebサイトから応募申請を行い、応募登録番号が記載された「応募カード」を取得したうえで、作品に添付して事務局まで郵送する。応募申請登録期間は、5月30日から9月23日。作品応募受付期間は、5月30日から9月30日(必着)。

 審査の結果、研究部門と創作部門から各8作品を最優秀賞に選出し、賞状、盾、副賞(図書カード5万円分)を贈呈する。また、12月3日の表彰式当日と翌日に東京ディズニーリゾート(ホテル1泊含む)へ保護者とともに招待する。ただし、海外に在住している児童は対象外となる。壁新聞部門の最優秀賞には、賞状、盾、副賞(図書カード10万円分)が贈られる。このほか、応募者全員に「海とさかな博士号認定証」が参加賞として贈呈される。

◆第35回「海とさかな」自由研究・作品コンクール
応募資格:小学生(海外在住も含む)
応募内容:全部で3部門
・研究部門…観察図・自由研究
・創作部門…絵画・絵本・作文(創作文、詩歌含む)・工作
・壁新聞部門…壁新聞
応募方法:コンクールWebサイトから応募申請登録のうえ、応募登録番号が記載された応募カードを取得し、作品に添付して事務局へ送る
応募日程:
・応募申請登録期間 5月30日(月)~9月23日(金)
・作品応募受付期間 5月30日(月)~9月30日(金)必着
入選発表:11月中旬に朝日新聞・朝日小学生新聞紙上およびコンクールホームページにて発表
表彰式:12月3日(土)ロイヤルパークホテル
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)