ひと足早く映画の世界を堪能「アリスと時間のアート展」

趣味・娯楽 その他

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』新ビジュアル (C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
製作ティム・バートン×主演ジョニー・デップで贈る、待望のシリーズ最新作『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。このほど、本作の公開を記念して、その世界観をいち早く体験できる「アリスと時間のアート展」が開催されることになった。

今回の舞台は、前作から3年後。亡き父の跡を継ぎ、船長として大海原で活躍していたアリス。だが、厳しい現実に直面していたとき、“青い蝶”に再びワンダーランドへと誘われる。そこにいたのは、悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッター。大切な友を救うため、アリスは時間をさかのぼる。待ち受けるのは、過去に秘められた真実と、時間の番人<タイム>との戦い。赤の女王の脅威も迫る中、アリスは運命に逆らい、過去を変えることはできるのか…?

好奇心旺盛な主人公アリスを演じるミア・ワシコウスカはじめ、マッドハッターのジョニー・デップ、白の女王のアン・ハサウェイ、赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターら豪華キャスト陣が再集結し、“時間”を司るタイム役として個性派サシャ・バロン・コーエンが新たに参戦する本作。チェシャ猫、白うさぎ、双子のトウィードルダムとトウィードルディーといったお馴染みの人気キャラクターたちも登場し、芋虫から美しい蝶へと姿を変えた賢者アブソレムの声を、本作が遺作となったアラン・リックマンが務めている。

前作の『アリス・イン・ワンダーランド』といえば、鬼才ティム・バートンが、奇妙で美しい“ワンダーランド”を見事に創り上げた。映画の大ヒットのみならず、今日のポップカルチャーにおいて不動の地位を確立したこの物語とキャラクターたちは、ファッションや音楽、文学など幅広い分野に影響を与え続けており、世界に熱狂的なファンを抱えている。

今回の「アリスと時間のアート展」では、その世界に魅了された各界の著名人やアーティストが制作した、“時”や“映画の美しい世界観”にインスパイアされた「時計アート」作品が展示されるほか、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の世界に迷い込んだ気分が味わえるフォトロケなども設けられ、ひと足早く映画の世界を堪能できる展示会となっている。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』公開記念「アリスと時間のアート展」は、6月4日(土)~6月12日(日)汐留・日本テレビ 2階日テレホールにて開催。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は7月1日(金)より全国にて公開。

「アリスと時間のアート展」開催!著名アーティストによる“時計アート”も

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)