【大学受験2017】39のゼミや研究室を体験「みらいガク2016」6/18

 マイナビは、進学希望の高校生や予備校生、保護者、教員を対象とした大学のゼミ・研究室体験型進路イベント「マイナビ進学 みらいガク2016」を6月18日に東京ビッグサイトにて開催する。今年は39のゼミ・研究室が集結。事前申込不要、入場無料で参加できる。

教育・受験 高校生
 マイナビは、進学希望の高校生や予備校生、保護者、教員を対象とした大学のゼミ・研究室体験型進路イベント「マイナビ進学 みらいガク2016」を6月18日に東京ビッグサイトにて開催する。

 「みらいガク」は、大学で実際に行われているゼミや研究室を高校生に体験してもらい、将来の進路選択、学部選択、職業選択のきっかけにしてもらうことを目的に開催している進路イベント。今年で2回目の開催となり、初開催となった2015年には約30大学が参加し約2,000人の高校生が来場した。2016年は39のゼミ・研究室が集結する。

 今年は会場を東京ビックサイトに移し、規模を拡大。各大学のゼミや研究室がブースを設け、担当教授や現役大学生が参加する。高校生は、普段見ることのできないゼミのようすや研究現場を実際に体験することができるほか、ディスカッションやディベートへの参加や、研究成果を間近に見ることができる。

 当日は、「グローバル」「お金」「くすり」「子ども」など高校生に身近な10のキーワードに沿ってゼミ・研究室がブースを設置。気になるキーワードの中から、さらに興味のあるゼミ・研究室を選んでさまざまな学びを体験できる。

 たとえば、立教大学は「お金」をキーワードに「お金について経済学で考える~ゼミ活動を通じて~」を開催。法政大学は「まち」をキーワードに「キャリアデザインの視点で考える地域づくり~団地×シェア=みらい~」を、芝浦工業大学は「ものづくり」をキーワードに「製品のデザインを考えよう!」を開催する。

 事前申込不要で、入場無料、入退場自由。当日は約2,500人の来場者を見込んでおり、多くの高校生や受験生に参加してもらい、大学の学びをより身近に感じてもらいたいとしている。

◆マイナビ進学 みらいガク2016
日時:6月18日(土)13:30~18:30
会場:東京ビックサイト 西3ホール
対象:進学希望の高校生(学年不問)、予備校生、保護者、教員
参加費:無料、入退場自由、申込不要
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)