我が家の子どものお小遣い、多い・少ない? 小学生家族を調査

 博報堂こそだて家族研究所は6月10日、子育て家族における貯蓄や子どものお小遣いについて調査した「小学生ファミリーのお金事情と消費」レポートを公表した。小学生の月々のお小遣いは、高学年で平均898円。

生活・健康 小学生
博報堂
  • 博報堂
  • 博報堂こそだて家族研究所
 博報堂こそだて家族研究所は6月10日、子育て家族における貯蓄や子どものお小遣いについて調査した「小学生ファミリーのお金事情と消費」レポートを公表した。小学生の月々のお小遣いは、高学年で平均898円。

 「小学生ファミリーのお金事情と消費」レポートは、同居している小学生の子どもを持つ20~49歳の女性を対象に、3月2日から9日にかけておこなったインターネット調査。1,428名の有効回答を得た。

 子どものお小遣い事情を調査したところ、子どもに定期的にお小遣いをあげている母親は、低学年で14.7%だったのに対し、高学年では41.2%にのぼった。中学年では、29.0%。月々の平均額は、低学年が507円、中学年が648円、高学年では898円だった。

 お小遣いの使い道を聞くと、小学生低学年と中学年では「子どもが欲しいものを申告させて、親が判断している」が大半の回答を占めたが、高学年では「自由に使わせている」と回答した母親が最多。欲しいものを申告させているのは、35.7%だった。

 調査レポートの詳細は、博報堂Webサイト内の「こそだて家族研究所」で閲覧できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)