東京藝大、早期英才教育特別コース「ジュニアアカデミー」H29年度新設

 東京藝術大学は6月22日、全国の中学生を対象とした早期英才教育のための特別コース「東京藝大ジュニア・アカデミー」を平成29(2017)年度より新設すると発表した。あわせて、音楽産業界とタイアップした学生演奏音源のデジタル・ストリーミング配信システムも構築する。

教育・受験 中学生
「東京藝大ジュニア・アカデミー」の新設構想
  • 「東京藝大ジュニア・アカデミー」の新設構想
  • 「東京藝大ジュニア・アカデミー」の新設構想
  • 「グローバルプロモーションシステム」の構築
  • 「グローバルプロモーションシステム」の構築
  • 東京藝術大学
 東京藝術大学は6月22日、全国の中学生を対象とした早期英才教育のための特別コース「東京藝大ジュニア・アカデミー」を平成29(2017)年度より新設すると発表した。あわせて、音楽産業界とタイアップした学生演奏音源のデジタル・ストリーミング配信システムも構築する。

 音楽分野では、世界的にも早期教育の有効性が明らかになっており、東京藝大においても、全国各地で展開する「早期教育プロジェクト」や高校2年生からの飛び入学を起点とした「スペシャルソリストプログラム」、学部3年間での早期卒業・海外留学などにすでに着手。今年度から文部科学省「スーパーグローバルハイスクール」に指定された附属音楽高校においても、大学との接続を踏まえたカリキュラム改編を進めるなど、早期教育の強化・充実を図っているという。

 今回の「東京藝大ジュニア・アカデミー」は、文部科学省の「国立大学機能強化事業」の一環として実施するもの。中学生からの早期英才教育をスタートさせることで、早期教育システムを継続性ある体系的なものへと進化させ、将来的に「小中高大一貫型」の人材育成システムへの発展を目指すという。国内では初の試みであり、音楽分野における世界トップアーティストの戦略的育成を目的とした先駆的な試みだ。

 現時点では、中学1~3年生までの3年間を標準修業期間としており、対象分野は「ピアノ」「ヴァイオリン」「チェロ」「管楽器」を予定。1学年10名程度を受け入れる。平日夕方・夜間や土日祝日、夏休みなどの長期休業期間での受講を想定しており、東京藝術大学・上野キャンパスにて講義を実施。藝大教員や海外一流演奏家による個人レッスンやステージ実践による公開型成果発表を必修とする予定だという。

 また、音楽産業界とタイアップした学生演奏音源のデジタル・ストリーミング配信などを行う「グローバルプロモーションシステム」も新たに構築・実施する。音楽業界では若手音楽家の国際舞台への挑戦が不可欠であるが、サポートシステムが不十分であり、個人のセルフプロデュースに依存せざるを得ない状況にある。そうした課題を解決しキャリア支援することを目的に、ワーナーミュージックジャパンをはじめとする音楽産業やメディアなどとタイアップし、国内の音楽大学として初めてプロモーションシステムの構築に取り組む。

 なお、募集要項や具体的なスケジュールなどの詳細については、随時Webサイトで発表予定。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)