【高校野球2016夏】盛岡大附が九国大付を下し2回戦へ

趣味・娯楽 高校生

2016年夏の阪神甲子園球場
  • 2016年夏の阪神甲子園球場
第98回全国高校野球選手権大会は8月7日に大会1日目が行われた。第3試合では九州国際大学付属(福岡)と盛岡大学附属(岩手)が対戦。盛岡大附が激しい乱打戦を8-6で制した。

初回表に盛岡大附が2点を先制するも、裏の攻撃で九国大付も3点を返す激しい点の取り合いで幕を開けたゲームは、その後も両チームが点を取り合い6-6で最終回を迎えた。

先攻の盛岡大附は1死から菅原優輝が、この試合4安打目となるソロ本塁打を放って勝ち越し。内角高目の球を完璧にとらえた打球がスタンド前列に飛び込むのを、藤本海斗は呆然と見送った。さらに盛岡大附は相手の失策も絡み、この回もう1点を追加して2点リード。裏の守備で迎えた2死二、三塁のピンチも無失点で切り抜けた。

初日から派手な打ち合いとなった試合に高校野球ファンは、「昔の岩手県勢は非力なイメージだったけど、今や古い話になってしまった」「プロとは違った面白さがある」「盛岡大附の監督の継投のタイミングすごい度胸だわ!あの采配は凄すぎる…」「投手戦もいいけど、打撃戦のほうが見てる分には華やかだよな」などの声を寄せている。

勝った盛岡大附は大会7日目の第3試合で創志学園(岡山)と対戦する。

【高校野球2016夏】盛岡大附が乱打戦を制す、九国大付を下し2回戦へ…甲子園1日目

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)