高大接続・産学連携、特産品でメロンパン…千葉商大×銚子商

教育・受験 大学生

 千葉商科大学商経学部と千葉県立銚子商業高校は、山崎製パン千葉工場、JAちばみどり、JA全農ちばと連携し、千葉県旭市飯岡地区の特産品「貴味メロン」を使用した「ま~るいメロンデニッシュ」を共同開発した。推奨価格は1個125円前後。12月31日まで千葉県内および関東地区の量販店、コンビニエンスストアで販売中。

 2015年度に締結した高大連携協定に基づき、千葉商科大学商経学部と銚子商業高校は地域の企業・団体と連携し、同年11月に山崎製パン千葉工場、JAちばみどり、JA全農ちばとともに「四角いメロンパン」を発売。ヒット商品となったことから、2016年度はデニッシュパンの商品開発に着手し、約4か月の期間を経て「ま~るいメロンデニッシュ」を開発した。

 銚子市に隣接する旭市で生産された「貴味メロン」のピューレ入りメロンシートを折り込んだデニッシュパンに、メロンホイップをサンド。「貴味メロン」の豊かな風味とほどよい甘さが特長だという。

 千葉商科大学によると、商経学部商学科3年横山聖夏さんは「企業の方々からの具体的なアドバイスをもとに、柔軟でユニークな発想を持つ高校生と一緒に商品を作る体験は、勉強になることばかりだった」とコメント。座学だけでは分からない商品開発の実践的な知識を得ることができたとし、「メロンの香りと食べ飽きない控えめな甘さの絶妙なバランスを味わってほしい」と自信を見せた。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)