【大学受験2017】医学部の入学定員158名増、国際医療福祉大の医学部新設など

教育・受験 高校生

河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • Kei-Netに掲載された「2017年度医学部入学定員158名増の予定」(一部)
  • 2017年度医学科大学別増員予定数
 河合塾は11月10日、大学入試情報サイト「Kei-Net」の入試・教育トピックスに「2017年度医学部入学定員158名増の予定」を掲載した。内訳は、国立大1校と私立大4校による増員18名と、新設される国際医療福祉大医学部の入学定員140名。医学部増員は10年連続となる。

 「2017年度医学部入学定員158名増の予定」は、文部科学省がこのほど発表した2017年度の医学部(医学科)入学定員の増員計画をまとめたもの。2017年度の医学科増員数は158名となる見込みで、10年連続の定員増。河合塾によると、2008年度からの増員数は1,795名となり、100名定員の医科大が18校新設されたのと同規模だという。2017年度増員の内訳は、新成長戦略などに基づく地域枠での18名と、来春に医学部が新設される国際医療福祉大学の入学定員140名。

 地域枠は国策に基づき2010年度から実施されている医学科増員の3つの枠組みの1つで、都道府県が地域医療再生計画に基づく奨学金を設け、大学が地域医療を担う意思を持つものを選抜する。2017年度に地域枠で増員を行うのは、長崎大学2名、埼玉医科大学1名、順天堂大学7名、日本医科大学2名、川崎医科大学6名。埼玉医科大学は4年連続、順天堂大学は3連連続での増員となる。

 都道府県別では、静岡県が10名、埼玉県が5名、長崎県が3名。埼玉県は、厚生労働省が実施する医師・歯科医師・薬剤師調査(2014年)において人口10万人対医師数が全国でもっとも少なく、地域枠での増員は今回で4年連続。なお、今回の地域枠での増員は過去の増員と同様、2019年度までの期限つきの増員となっている。

 国際医療福祉大学の医学部新設は、国家戦略特区「国際医療学園都市構想」の一環として行われるもの。成田看護学部・成田保健医療学部がある成田キャンパスにて開設され、大多数の科目で英語による授業を実施するなど、世界水準の医学教育が特長。国際医療福祉大学の入学定員140名のうち20名は、留学生枠となっている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)