工場見学ほかレジャー紹介「冬ぴあファミリーこどもと遊ぼう」首都圏版

趣味・娯楽 未就学児

 ぴあは、ぴあMOOKシリーズ「こどもと遊ぼう」から、最新号「冬ぴあファミリーこどもと遊ぼう 首都圏版」を発売した。定価は500円(税別)。工場見学やインドアアミューズメント情報を紹介する。

 最新号「冬ぴあファミリーこどもと遊ぼう 首都圏版」では、「無料&コスパ抜群」のインドアスポット最前線を特集。「東京ドームシティ ASOBono!」や「キッズキャッスル三郷」など2,000円台で遊べるスポットや、密かな話題になっているという「試食がうれしい!美味しい工場見学」として崎陽軒 横浜工場やキユーピー マヨテラスを紹介。そのほか、予約が取りづらいという「ラッシュキッチンツアー」、日本初のレゴのテーマパーク「LEGOLAND JAPAN」などをレポートも交えて紹介している。

 最新ニュースとしては、「ららぽーと湘南平塚」「三鷹の森ジブリ美術館」「ラスカ熱海」などの冬のおでかけ特集や、「東京ワンピースタワー」「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」「ポムポムプリンカフェ」など、子どもが喜ぶミュージアム&キャラクターカフェの特集も組まれている。

 また、サンタさんに会える「サンタグリーティング」や、ファミリーで行けるイルミネーションなど、冬ならではのイベントも掲載。親子で冬の東京ディズニーリゾートを楽しむ企画では、東京ディズニーシー「クリスマス・ウィッシュ」、東京ディズニーランド「クリスマス・ファンタジー」など、東京ディズニーリゾートに関する2017年のニュースも紹介している。

 別冊の「雪遊び&スキーBOOK」では、先輩母親からのアドバイスに基づいた「雪遊び&スキープラン大作戦!」を掲載。そのほかにも、37枚のクーポンや、630名の読者にあたるプレゼント企画などが用意されている1冊だ。さらに、「空飛ぶ本棚」アプリにクーポンコードを入力すると、電子版「こどもと遊ぼう」をスマホやPC、タブレットで簡単に見ることができる読者限定サービスも実施中。

◆冬ぴあファミリーこどもと遊ぼう首都圏版(ぴあMOOK)
発売日:2016年11月17日(木)
定価:500円(税別)
判型:A4判
仕様:本誌82ページ・別冊「雪遊び&スキーBOOK」64ページ
※クーポン37枚付き
《池野サキ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)