【中学受験2017】灘中の志願者数683名(1/5午後3時時点)、倍率は3.79倍

教育・受験 小学生

 灘中学校は1月4日、平成29年度(2017年度)入学試験の出願を締め切った。募集人員約180名に対し、1月5日午後3時現在の出願者数は683名。確定出願者数は6日中に公表する見込み。学科試験は1月14日・15日の2日間にわたり実施し、合格発表は1月16日午前10時半ごろを予定している。

 平成29年度(2017年度)灘中学校入学試験は、平成29年3月に小学校を卒業見込みの男子を対象に実施。平成28年12月22日から平成29年1月4日(消印有効)まで出願を受け付けた。

 募集人員約180名に対し、1月5日午後3時時点の出願者数は683名、倍率は3.79倍。なお、平成28年度(2016年度)の募集人員は180名に対し志願者656名、欠席者17名、受験者639名、合格者239名。倍率は3.64倍、実質倍率は2.67倍だった。

 志願者数は6日中に確定し、Webサイトで発表する見込み。今後は1月7日から受験票を発送する。灘中学校は、1月11日までに受験票が到着しない場合は、灘中学校入試係まで連絡するよう呼びかけている。学科試験は1月14日に国語・理科・算数、15日に算数・国語を実施する。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)