【中学受験2017】時事問題「選挙」や「核」が頻出、朝日小学生新聞調査

教育・受験 小学生

朝日小学生新聞
  • 朝日小学生新聞
  • 朝日学生新聞社「ジュニア朝日」
 朝日小学生新聞が2017年度中学入試の時事問題を調査したところ、選挙権年齢が引き下げられて初めての国政選挙が行われたことから「選挙」に関する出題が多かったことが明らかになった。また、「核」に関する問題も目立ったという。

 朝日小学生新聞編集部は2017年度中学入試の時事問題のテーマについて、全国の国立・私立中学50校あまりの入試問題をチェックし、出題内容を調査。2月12日の朝日小学生新聞に掲載した。

 2017年度中学入試の時事問題では、選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられて初めての国政選挙が2016年夏に実施されたことから、「選挙」に関する出題が目立ち、多くの学校で選挙権年齢の「18歳」を出題した。

 四天王寺中(大阪)では参院選の結果について正しい答えを選択させる問題、桜蔭中(東京)では地方議会の議員を選ぶときの選挙権年齢として「18歳」を選ばせる問題だった。選挙権を与えられる資格(条件)についての問題も多く出題され、1890年に行われた国政選挙の資格(直接国税15円以上、満25歳以上の男子)は頻出だった。

 また、「核」に関連する出題も多く、学習院女子中等科(東京)ではアメリカのオバマ大統領(当時)による被爆地訪問を切り口に、「非核三原則」についての記述や、原爆ドームが「負の遺産」と言われる理由について答えさせた。

 「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献」がユネスコの世界文化遺産に登録されたというニュースから、慶應普通部(神奈川)では日本にある登録作品の名前や、2つの都道府県にまたがる世界遺産を東から順に並べさせる問題。開成中(東京)では、作品がある7か国のうち4か国について説明した文章と世界地図を示し、説明にあてはまる国名と位置を答えさせた。

 ほかには「イギリスがEUから離脱へ」というニュースを、渋谷教育学園幕張中(千葉)が出題。理化学研究所が見つけた元素「ニホニウム」について、東邦大学付属東邦中(千葉)や麻布中(東京)が出題。ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良則氏のオートファジーについて、学習院中等科(東京)が出題した。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)