【センター試験2017】日本史Aに「妖怪ウォッチ」ムダヅカイとロボニャンが登場

教育・受験 高校生

平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす
  • 平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす
  • 時間割 注目はこのあとの「国語」
 1月14日に始まった平成29年度(2017年度)大学入試センター試験。11時40分に地理歴史・公民が終了し、早くもSNSには受験生が試験の感想を書き込んでいる。日本史Aには「妖怪ウォッチ」が取り上げられたとして、ネットで話題だ。

 ゲームやアニメ、漫画で人気の「妖怪ウォッチ」に登場するキャラクターが出たとして話題なのは、「日本史A」の問4。漫画・アニメで描かれた妖怪が登場する背景とされている事象について、正しい組合せを選ぶ問題だ。

 登場する妖怪ウォッチキャラは「ムダヅカイ」と「ロボニャン」。いずれも「妖怪ウォッチ全妖怪大百科」からの出典とし、妖怪の特徴はもちろん、イラストも掲載されている。そのほか、水木しげるのイラストとともに「新ぬりかべ」と「新ぬらりひょん」の姿もある。




 昨年は国語で「やおい」に関する表記があり、受験生のみならず世間の話題をさらったセンター試験の出題。14日はこのあと、13時から国語の試験が控えている。今年はこのほか、どんな問題が出題されるだろうか。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)