【話題】ネコノミクスにPPAP、君の名は…? センター試験英語

教育・受験 高校生

平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす
  • 平成29年度(2017年度)センター試験会場のようす
  • 出題教科・科目の出題方法
 1月14日午後4時半、平成29年度(2017年度)大学入試センター試験「外国語」のうち、筆記試験が終了した。14日は「地理歴史・公民」終了時からSNSで受験生が問題内容を投稿する姿が見られており、英語を受験した生徒からは「猫」「にゃーん!」「PPAPに似たIAYP」などのコメントが寄せられている。

 センター試験の問題には、教科・科目に関わらず世相を反映した時事、はやりネタが盛り込まれる場合がある。午前に実施された「日本史A」では妖怪ウォッチが出たとして、早くも受験生の話題になっている。

 外国語筆記試験のうち、英語の問題で扱われたというのは映画「君の名は。」を彷彿とさせる入れ替わりをテーマにした話や、流行語大賞にもノミネートされたピコ太郎の「PPAP」に類似する略語「IAYP」など。また、入れ替わりが起こった話は、人間と猫が取り扱われており、近年流行りの「ネコノミクス」を反映した問題となっているようにもとれる。午後4時50分現在も、問題を理解した受験生を中心に「簡単だった」とする声や概要の要約を投稿する姿が見られた。







 英語以外を選択した受験生は、本日のセンター試験の受験はすべて終了。英語を選択した受験生は、このあと午後5時10分からリスニング試験が控えている。会場によっては降雪の影響で試験開始時刻が繰り下げられている場合もあり、帰宅の際は夜道となるため十分足元に注意してほしい。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)