【センター試験2017】国語・英語の平均点速報、アオイゼミが予想

教育・受験 高校生

【特集】センター試験2017 アオイゼミ協力のもと、リセマム内でセンター試験講評を行う
  • 【特集】センター試験2017 アオイゼミ協力のもと、リセマム内でセンター試験講評を行う
  • スマホ学習塾 アオイゼミ
 葵が運営する「スマホ学習塾 アオイゼミ」は、1月14日に行われた平成29年度(2017年度)大学入試センター試験のうち、1日目の「国語」「英語」の予想平均点を公開した。難易度はそれぞれ、国語はやや難化、英語はやや易化としている。

◆予想平均点(アオイゼミ)
 英語116.9点
 国語115.3点

 平成29年度センター試験の志願者数は57万5,967人、現役志願率は過去最高の43.9%。大学・短期大学あわせて848大学が参加し、初日にあたる1月14日には一部の大学で試験開始時刻を繰り下げた。

 1月14日から、大手予備校や塾が試験終了から即時、問題分析や解答速報を掲載。同日夜には一部の予備校が難易度予測を公開し、教科・科目によって判断が分かれた。センター試験を運営する大学入試センターは今後、1月18日(水)に平均点や受験者数の中間発表を行い、2月2日(木)に最終発表を行う予定。大手予備校などは、この平均点発表前に独自の予測を発表する見込み。

 アオイゼミは1月15日、早くも1日目教科・科目に関する平均点を掲載。今年度の難易度予想や昨年度の平均点など、アオイゼミの分析をもとに今年の平均点を算出した。

 アオイゼミによる平均点や難易度、問題講評は今後もセンター試験特集ページで掲載予定。1月15日以降には、国語、英語、数IAの動画解説も掲載する。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)