携帯が可能な超小型チャイルドシートが日本上陸

生活・健康 小学生

簡単装着できる子供向けのブースターシート「mifold(マイフォールド)」(画像はプレスリリースより)
  • 簡単装着できる子供向けのブースターシート「mifold(マイフォールド)」(画像はプレスリリースより)
  • 小型サイズのため後部座席3席分全てをチャイルドシートとして使用することも可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 対象は体重15kg以上~36kg以下の子供で、海外では対象年齢を4歳から12歳と記載している(画像はプレスリリースより)
  • 「mifold(マイフォールド)」を展開した状態(画像はプレスリリースより)
  • 折りたたんだ状態ならリュックなどにも収納して持ち運ぶことができる(画像はプレスリリースより)
 ダッドウェイは車のシートベルトに簡単装着できる子供向けのブースターシート「mifold(マイフォールド)」を2月1日に発売することを発表した。

 マイフォールドはエアバッグ装備のない3点式シートベルト座席専用のブースターシートで、体重36kg以下の子供向けに小型チャイルドシートとして使用できるもの。従来のチャイルドシートと異なる薄型の形状で、車の座席シート部分に置いてシートベルトをくぐらせるだけで使用することができる。

 ブースターシートは車のダッシュボードやポケットに収まるサイズの小型軽量で、持ち運びが容易だ。チャイルドシート不足などにも簡単に対応でき、シートベルトに簡単装着できる点なども特徴としている。

 アメリカで開発され、2015年にクラウドファンディング「INDIEGOGO」で目標額を大幅に上回る資金調達に成功し、製品化された経緯がある。対象とする子供は、体重15kg以上~36kg以下となっており、価格は8,300円。

かさばらずに携帯も可能! 超小型チャイルドシートが日本上陸

《防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)