第68回さっぽろ雪まつり2/6-12、つどーむ会場は2/1スタート

 第68回さっぽろ雪まつりが、大通会場・すすきの会場で2月6日~12日、つどーむ会場で2月1日~12日に開催される。3会場で200基の雪氷像が設置されるほか、雪の滑り台やプロジェクションマッピング、ステージショーなども楽しめる。

趣味・娯楽 その他
さっぽろ雪まつり(過去開催のようす) 画像出典:さっぽろ観光写真ライブラリー
  • さっぽろ雪まつり(過去開催のようす) 画像出典:さっぽろ観光写真ライブラリー
  • さっぽろ雪まつり(過去開催のようす) 画像出典:さっぽろ観光写真ライブラリー
  • さっぽろ雪まつり(過去開催のようす) 画像出典:さっぽろ観光写真ライブラリー
  • さっぽろ雪まつり(過去開催のようす) 画像出典:さっぽろ観光写真ライブラリー
 第68回さっぽろ雪まつりが、大通会場・すすきの会場で2月6日~12日、つどーむ会場で2月1日~12日に開催される。3会場で200基の雪氷像が設置されるほか、雪の滑り台やプロジェクションマッピング、ステージショーなども楽しめる。

 札幌の冬の定番行事「さっぽろ雪まつり」は、1950年に地元の中高生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけに始まった。2017年は1月上旬より雪の輸送が始まっており、大通会場・すすきの会場・つどーむ会場に計200基の雪氷像が設置される。昨年は260万9,000人が来場したという。

 大通会場では、大通公園に約1.5キロメートルにわたり雪像やスケートリンク、ジャンプ台、北海道の食を味わえる飲食スペースなどが登場する。ライトアップイベントが毎日開催され、プロジェクションマッピングや、スターウォーズの大雪像のライディングショーなどが行われる。

 つどーむ会場には滑り台やスノーラフトなどが設置され、子どもから大人まで自然や雪と触れ合うことができる。また、2月5日に「ウルトラマンゼロがやってくる!」、2月5日・11日には「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」公開記念ステージなど、無料のステージイベントが開催される。また、2月2日・7日・9日には、冬の暮らしや除雪について学ぶ子ども向けのカルチャー教室も実施。会場で参加を受け付ける。

◆第68回さっぽろ雪まつり
【大通会場】
開催期間:2017年2月6日(月)~12日(日)
開催時間:いつでも観覧可(ライトアップは22:00まで)
場所:大通公園 西1丁目~西12丁目
【つどーむ会場】
開催期間:2017年2月1日(水)~12日(日)
開催時間:9:00~17:00
場所:札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム(愛称:つどーむ)札幌市東区栄町885番地1
【すすきの会場(すすきのアイスワールド2017)】
開催期間:2017年2月6日(月)~12日(日)
開催時間:いつでも観覧可(ライトアップは23:00まで ※最終日は22:00まで)
場所:南4条通りから南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)