【センター試験2017】平均点(確定)ほか実施結果公開、受験率は95.13%

 平成29(2017)年大学入試センター試験の実施結果の概要が2月2日、発表となった。受験者数は前年比1万1,064人増の54万7,862人。平成29年3月高等学校等卒業見込者のうちセンター試験に出願した者の割合で示した現役志願率は43.9%で、過去最高となった。

教育・受験 高校生
 1月14日・15日に実施された平成29年度(2017年度)大学入試センター試験について、大学入試センターは2月2日、平均点や受験者数の確定数を含む実施結果を公開した。受験者数は前年比1万1,064人増の54万7,862人。平成29年3月高等学校等卒業見込者のうち、センター試験に出願した者の割合を示す現役志願率は43.9%で、過去最高となった。

 平成29年度センター試験の参加大学・短期大学数は848大学。内訳は、国立大82、公立大86、私立大526、公立短大15、私立短大139。

 受験率(受験者数/志願者数×100)は95.13%。過去5年間で最大となった2016年度の95.22%と比較すると0.09ポイント低下したものの、受験者数は54万7,892人にのぼり、過去5年間で最多。平成25年以来4年ぶりに54万人を突破した。

 平成29年度の平均点は、国語(200点満点)が106.96点、数学I・A(100点満点)61.12点、数学II・B(100点満点)52.07点、英語(200点満点)123.73点、英語リスニング(50点満点)28.11点など。平均受験科目数は5.55科目となった。

 大学入試センターがWebサイトで公開した平均点一覧では、科目ごとの受験者数や平均点のほか、最高点、最低点、標準偏差を確認できる。
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)