灘校長ら講演「AI時代に求められる教育とは」3/11

教育・受験 保護者

AI時代に求められる教育とは
  • AI時代に求められる教育とは
  • パネルディスカッション
 朝日新聞社は、AI全盛時代に向けて子どもたちに授けるべき力を考えるチャレンジフォーラム「AI時代に求められる教育とは」を3月11日に東京・有楽町朝日ホールで開催。CANVASの石戸奈々子理事長や灘校の和田孫博校長が登壇する。

 今回で2回目となる朝日新聞チャレンジフォーラムは、AI時代に子どもたちに必要な力は何か、どのような学びが重視されるのか、「AI」「教育改革」に関する講演と、「AI時代の到来と日本の教育が目指す未来」をテーマにパネルディスカッションを行う。小学生の保護者を想定したプログラム構成となっている。

 講演では、CANVASの石戸奈々子理事長がプログラミング教育、灘中学校・高等学校校の和田孫博校長がAI時代にこそ必要な教育について語る。また、マイケル・オズボーン氏によるビデオ講演「将来残る仕事と、子どもたちに求められるスキルとは」を上映する。

 パネルディスカッションでは、文部科学大臣補佐官の鈴木寛氏や大学入試センター研究開発部の濱中淳子教授、灘校の和田孫博校長がパネリストとなり、日本の教育が目指す未来を議論する。コーディネーターは、SAPIX YOZEMI GROUP共同代表の高宮敏郎氏(高ははしご高)が務める。

 参加費は無料で、事前申込みが必要。Webサイトより申込みを受け付けている。定員は600人で、応募多数の場合は抽選となる。

◆AI時代に求められる教育とは
日時:2017年3月11日(土)13:30~17:00(13:00開場)
会場:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階)
対象:小学生の保護者
募集人数:600人
締切:2017年2月27日(月)正午
参加費:無料
申込方法:Webサイトより申し込む
主催:朝日新聞社
特別協賛:SAPIX YOZEMI GROUP
後援:朝日小学生新聞
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)