【大学受験2017】近畿大学、一般入試志願者数・総志願者数とも過去最高

教育・受験 高校生

近畿大学2017年度入試の確定志願者数:志願者数10年間推移
  • 近畿大学2017年度入試の確定志願者数:志願者数10年間推移
  • 近畿大学2017年度入試の確定志願者数:地域別志願者数
  • 近畿大学2017年度入試の確定志願者数:学部別志願者数
  • 近畿大学2017年度入試の確定志願者数:女子志願者数の推移
 近畿大学は3月10日、2017年度入試の確定志願者数を公表した。一般入試志願者数は前年度より2万6,981人増加し、過去最高となる14万6,896人にのぼった。また、推薦入試なども含めた総志願者数でも過去最高を記録している。

 近畿大学の14学部における、2017年度一般入試(大学入試センター試験利用を含む)の志願者数は、前年度より2万6,981人増加し、過去最高となる14万6,896人。推薦入試(一般公募)などを含む、全入試の志願者数(短期大学部を含む)は総計19万2,457人となり、近畿大学史上最高となった前年度を2万8,624人上回った。

 地域別志願者数は、全エリアで前年度よりも志願者数が増加した。近畿大学が、学生募集で重点エリアとしている近畿は10万8,229人(対前年比122.9%)。このほか、北海道791人(同130.5%)、関東3,210人(同126.7%)、北陸3,449人(同125.9%)、東海6,478人(同132.6%)、九州6,970人(同125.9%)などで大幅に増加した。

 学部別志願者数は全国的な文高理低の傾向どおり、文系学部で前年度より1万8,999人増(対前年比131.1%)と、大幅に増加。一方、理系学部は7,982人増(対前年比113.6%)となった。理系学部の志願者増の要因の1つに、農学部、生物理工学部、工学部、産業理工学部で導入された理系学部学部内併願方式があげられるという。

 2017年度の女子志願者数は4万2,873人(女子比率29.2%)。2008年度の志願者数1万7,189人と比べると、10年間で約2.5倍に増加している。特に、開設2年目を迎える国際学部の女子志願者数は4,178人(女子比率54.0%)と、女子から大きな支持を集めている。

 近畿大学では志願者数増加の背景として、継続して取り組んできた教育・研究面の改革が受験生に評価されたことに加えて、「近大ブランドが全国に浸透」「文系・理系ともに幅広い学問分野を備えている」「理系学部の新たな併願制度などの入試制度改革」「国際学部による新たな受験者層の獲得」の4つをあげている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)