QS分野別大学ランキング2017、東京医科歯科大学が3位へ

教育・受験 高校生

The QS World University Rankings by Subject 2017
  • The QS World University Rankings by Subject 2017
  • Dentistry The QS World University Rankings by Subject 2017
 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は3月8日(現地時間)、The QS World University Rankings by Subject 2017(分野別QS世界大学ランキング2017)を発表した。

 QSによる分野別の大学ランキングは、2011年から発表されている世界的な大学ランキングのひとつ。2017年ランキングでは新しく「Anatomy & Physiology」「Hospitality & Leisure management」「Sports-related subjects」「Theology,divinity & religious studies」の4分野が追加され、対象分野は過去最大規模の合計46にのぼった。

 2016年ランキング同様、各分野のうち、国内大学でもっとも多くトップ10入りを果たしたのは東京大学だった。トップ10に入った分野と順位はそれぞれ、「Modern Languages」6位、「Engineering - Chemical」10位、「Engineering - Mechanical, Aeronautical & Manufacturing」8位、「Anatomy & Physiology」9位、「Pharmacy & Pharmacology」9位、「Chemistry」10位、「Physics & Astronomy」9位、「Anatomy & Physiology」9位、「Social Policy & Administration」9位。

 東京医科歯科大学(TMDU)は、「Dentistry(歯学)」において1位の香港大学、2位のミシガン大学に続き、3位にランクインした。東京医科歯科大学は同分野で2015年と2016年に6位を獲得しており、2017年はさらに順位を上昇させた。

 京都大学は、「Engineering - Chemical」において6位にランクイン。2015年は10位、2016年9位を獲得しており、年々順位を上昇させている。

 全体概況としては、いずれの分野ともトップ10はイギリスまたはアメリカの大学が席巻しており、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、オックスフォード大学などが多くの分野で上位に位置した。

 すべての結果はQSのWebサイト「QS TOP UNIVERSITIES」で閲覧できるほか、iPhoneおよびAndroidに対応する無料アプリ「QS World University Rankings」でも確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)