JALの「空育」新挑戦、折り紙ヒコーキ全国大会開催

教育イベント 小学生

JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
  • JAL折り紙ヒコーキ教室のようす 2017年度からは「折り紙ヒコーキ大会」を展開する
 折り紙ヒコーキ協会と日本航空(JAL)は、2017年度より「空育(そらいく)」の一環として「JAL 折り紙ヒコーキ大会」をスタートする。11月にはアジア地区を対象としたアジア大会、2020年には世界大会も開催予定。

 JALは2016年11月、子どもたちに「もっと未来を感じてもらえるプログラム」として、新たな次世代育成の取組み「空育(そらいく)」宣言を行った。これまでも、JALは折り紙ヒコーキ協会指導のもと、社内約700人の認定指導員を養成し「折り紙ヒコーキ教室」を実施してきたが、2017年度はさらに、「折り紙ヒコーキ大会」の実施を決定。全国各地で予選を実施し、2018年3月に全国大会に参加する。

 なお、国内の全国大会に先駆け、年内11月には沖縄県宮古島市でアジア大会も開催。タイ、香港、フィリピン、ベトナム、韓国の各国・地域予選を通過した子どもや大人が集い、折り紙ヒコーキの滞空時間を競う。さらに、アジア大会、国内大会の開催知見を生かし、2020年には東京で世界大会も開催予定。

 いずれの大会とも参加は無料。競技は個人による「滞空競技」のみ。参加部門は「小学生」と「中学生以上」の2部制。これまでに実施されているJALの「折り紙ヒコーキ教室」に参加していなくても、問題なくエントリーできる。なお、「折り紙ヒコーキ教室」に関する詳細は、JALのWebサイト内「CSR情報」に掲載されている。折り紙ヒコーキ教室は、保護者や学校関係者からの申込みに応じ、月5回程度開催しているという。

 アジア大会や全国大会、2020年の世界大会情報は今後順次公開予定。全国大会については、今冬以降に詳細が公開される見込み。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)