【大学受験2018】河合塾、高3生・高卒生対象「全統模試」申込受付開始

教育・受験 高校生

河合塾
  • 河合塾
  • 第1回全統マーク模試・第1回全統記述模試
  • 第1回全統マーク模試・第1回全統記述模試
 河合塾は4月3日、全統模試の申込受付を開始した。高校3年生・高卒生を対象に「第1回全統マーク模試」「第1回全統記述模試」を全国で実施する。両方の模試を受験すると、ドッキングによる総合評価が受けられる。

 河合塾では、高校生・高卒生を対象とした模擬試験を全国で年間40回以上実施している。毎年多くの受験生が参加しており、2016年度は年間のべ307万人が参加したという。

 「全統マーク模試」は、大学入試センター試験や私立大・短大入試などマーク式問題対策となる模擬試験。英語リスニングテストにも対応している。「全統記述模試」は、国公立大二次・私立大入試など記述・論述式問題対策となる模擬試験。いずれも、高校3年生・高卒生を対象としており、全国の会場で行われる。

 「第1回全統マーク模試」と「第1回全統記述模試」を両方受験すると、ドッキングによる総合評価(センター試験+二次試験)を受けることができ、より本番に近い判定を見ることができる。

 受験者には個人成績表や成績統計資料集、学習の手引きが配付される。成績統計資料集には、受験者全体の成績状況や科目別・型別の順位表などのほか、今後の効果的な学習を進めるうえで活用できる学習アドバイスも掲載されている。

 申込方法は、パソコン・スマートフォン、フィーチャーフォンからのインターネットでの申込みのみ。締切りは、試験実施日の9日前の午後3時まで(締切日が土日祝の場合は前日)。試験実施日は会場により異なるので、事前に確認が必要。受験料は、「第1回全統マーク模試」が5,250円~6,390円、「第1回全統記述模試」が5,360円(いずれも税込)。詳細は、Webサイトで確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)