ペンギン10羽が50mコースを行進、アドベンチャーワールド【動画あり】

趣味・娯楽 未就学児

アドベンチャーワールドのペンギンパレード
  • アドベンチャーワールドのペンギンパレード
  • アドベンチャーワールドのペンギンパレード
 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)の人気のイベント「ペンギンパレード」が、4月15日に再開した。南アフリカが生息地の「ケープペンギン」約10羽が全長50メートルのコースを、毎日よちよちと行進している。

 「ペンギンパレード」は、鳥インフルエンザ対策のため、2016年12月より休止されていた。今回は4か月半ぶりにパレードが再開され、今後は気温が30度を超える真夏にも実施される予定だ。



 このパレードは来園者のためばかりではなく、ペンギンの運動不足による病気予防の目的もあるという。空を飛ぶことができない野生のペンギンは、巣からエサ場の海までを歩いて移動するため、この歩く習性を生かし、アドベンチャーワールドでは1995年にペンギンパレードを開始した。

 アドベンチャーワールドは、温暖な紀伊半島の和歌山県白浜町にある陸、海、空の140種1,400頭の動物が暮らす「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパーク。ジャイアントパンダをはじめ、希少動物の繁殖に成功し保護研究活動も行っている。
《綾瀬しづか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)