子どもがネットを安全に利用するために…JISPAが保護者向け資料公表

デジタル生活 小学生

 安心ネットづくり促進協議会(JISPA)は、10歳未満の子どもがデジタル機器を安全に利用するために、フィルタリングやペアレンタルコントロール、動画サイトの検索制限などの機能を紹介した資料を公表した。

 乳幼児や小学校低学年の児童がスマートフォンやタブレット端末などに接する機会が増加していることから、安心ネットづくり促進協議会は2015年10月より調査企画作業部会内に「ネット利用の低年齢化対策サブワーキング」を設置した。2015年12月7日~2016年1月25日には、乳幼児から小学3年生までの児童の保護者を対象に「低年齢層の子どものネット利用実態と、その保護者の意識実態調査」を実施。その結果を受けて2016年度は保護者向けの啓発資料作成と展開を行った。

 小学校低学年の保護者向け資料「インターネットを安全に利用するために~サービスや設定を知りたいみなさまへ~」は、子どもがデジタル機器を利用する際のリスク喚起と、保護者が感じている不安を軽減するために役立つ手段として、「フィルタリング」「ペアレンタルコントロール」「動画サイトの検索制限」などの機能を4ページにわたって紹介。高学年や中学生に初めてスマートフォンをもたせる際にも役立つ。

 乳幼児の保護者向け資料「考えよう!子育てと子どもの成長とデジタル機器」は、乳幼児にデジタル機器を使わせる際に知っておきたいこと、心がけたいこと、してあげたいこと、フィルタリングなどの機能を8ページにわたって紹介している。

 保護者向けの啓発資料は、安心ネットづくり促進協議会が関与する研修会やイベントで広く配布し、啓発資料についてアンケートを実施したところ、「不安の軽減」「難しいイメージの軽減」「対策・設定意欲」に一定の効果が見られたという。

 報告書(本編)および啓発資料はWebサイトよりダウンロード可能。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)