【話題】カバンへ縦に入れても大丈夫、お弁当箱「フードマン」

生活・健康 未就学児

薄型弁当箱フードマン800ml こんなふうにいれても…へっちゃら!
  • 薄型弁当箱フードマン800ml こんなふうにいれても…へっちゃら!
  • シービージャパン 薄型弁当箱フードマン800ml(画像はミントグリーン。このほか、イエローとネイビーも販売中 各1,944円/税込)
  • シービージャパン 薄型弁当箱フードマン800ml
 走って飛んで、つまづいて…。子どもの通学カバンや手提げ袋の中はいつも大嵐。丁寧に詰めたせっかくのお弁当も、開ければぐちゃぐちゃ、カバンや袋にたっぷりと汁漏れが…なんてことはないだろうか。Twitterではいま、縦にしても中身が崩れず、汁漏れしないというお弁当箱「フードマン」が話題だ。




 あるツイートから話題になっている製品は、シービージャパンによる「薄型弁当箱 フードマン」(1,944円)。A4サイズの書類とぴったりだという、幅わずか3.5cmの薄型ランチボックスだ。バッグの中の書類やノートと同じ幅のため、通勤・通学時の持ち運びに困らない。

 「フードマン」の良さをつぶやいた投稿者によると、「フタには協力なパッキン」がついており、カレーも漏れずに入れることができたうえ、水を入れて振っても漏れがなかった。Twitterは5月15日午後8時時点で1万6,065リツイートを得ており、カバンに縦に入れることができるお弁当箱、という点に賞賛が集まっている。

 シービージャパンは「フードマン」のほか、「汁漏れしにくい弁当箱 ライスボーイ」(864円)も販売中。フードマン(1,944円)はミニサイズ(1,728円)も展開中だ。詳細はシービージャパンのWebサイトで確認できる(価格はすべて税込み)。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)