パナソニック、若手リーダー育成を支援…YCM+プログラム協賛

生活・健康 その他

パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
  • パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛
パナソニックは、オリンピックのTOPスポンサーとして、国際オリンピック委員会(IOC)と「ヤングチェンジメーカーズ・プラス(YCM+)プログラム」の協賛契約を新たに締結した。

「YCM+プログラム」は、過去のユースオリンピックで活動経験があり、かつリーダーとなりうる20歳から30歳の元アスリートや若手プロスポーツ選手、各国オリンピック委員会スタッフなどが「健康や運動と生活」「多様性」などのテーマで主体的に推進するエンゲージメント活動支援プログラムだ。スポーツを通じてより良い世界を作ることを目的としている。

同社は、TOPスポンサーの中から唯一「YCM+プログラム」に追加支援を行い、若手リーダーを支援する。5月22日(月)には、「YCM+」と同社独自の映像制作支援教育プログラム「KWN」の共同イベントをチェコで初めて開催。夢の実現に向けたインスピレーションを若者へ与えることを目的としたワークショップを実施した。

当日は、ワークショップの様子やリレハンメル冬季ユースオリンピック競技大会で銀メダルを獲得したアイスホッケー女子ユース代表選手らの競技シーンを、チェコKWN参加校の学生らが撮影。スポーツを通して「夢」を応援し、「感動」を届ける映像を制作した。

同社は今後、世界16カ国でトライアルスタートした「YCM+プログラム」を通じて、次世代育成支援活動を進めていく。

パナソニック、国際オリンピック委員会「ヤングチェンジメーカーズ・プラスプログラム」に協賛

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)