東大×損保ジャパン日本興亜、自動運転技術対応の新保険開発へ

教育・受験 大学生

自動運転車(参考画像)
  • 自動運転車(参考画像)
損保ジャパン日本興亜は、レベル4以上の自動運転技術に対応した新保険商品開発を目的として、2017年5月から東京大学と共同研究を開始したと発表した。

自動運転車の実用化に向けた産官学一体となった取組みが活発化する一方、自動運転により発生する新たなリスクや事故形態に対して保険制度がいち早く対応していくことが重要となっている。こうした状況下、損保ジャパン日本興亜は「被害者救済費用特約」の新設や「無過失事故の特則」の改定を実施するなど、運転者が介在するレベル3までの自動運転技術がもたらすリスクに対応した商品を2017年7月から提供している。一方、レベル4以上の自動運転技術の実現およびそれに対応する保険商品の開発には、事故発生時の法律上の賠償責任関係の整理に加えて、社会的受容性の向上が必要であり、まだ多くの課題が残されている。

今回、損保ジャパン日本興亜は、自動運転について最新の知見を有する東京大学と共同研究契約を締結。自動運転車固有のリスクと事故形態や、事故発生時のデータ解析による事故原因究明などをテーマとした、東京大学が実施するレベル4以上の自動運転技術に関する実証実験への参画を通じ、自動運転に関する各種データを収集。自動運転車に最適な保険商品の開発を強化していく。

レベル4以上の自動運転技術に対応する保険商品---損保ジャパン日本興亜と東京大学が共同研究開始

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)