パナソニック、東京五輪2020に向け教育プログラムスタート

趣味・娯楽 小学生

パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
  • パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施
パナソニックは、東京2020公認プログラムとして、参加型アクティビティ「いっしょにTOKYOをつくろう。」プロジェクトをパナソニックセンター東京にて開始する。

プロジェクトでは、東京オリンピックが開催される2020年に東京を訪れた人に「世界に誇れるワクワクとドキドキでいっぱいのTOKYO」を感じてもらうために、「スポーツ」「文化」「教育」をテーマとした様々なアクティビティを実施する。教育プログラムやワークショップ、競技体験など、子どもや若者を含む多くの人々が参加できるアクティビティを2020年まで継続展開していく。

プロジェクトに合わせ、パナソニックセンター東京1階を体験型フロアとしてリニューアルし、2017年第1弾となる参加型アクティビティを実施。江東区の全小学校5~6年生がオリンピック・パラリンピックについて学ぶ教育プログラム、小中学生に各種文化プログラムの取材体験を提供する「KIDSプレスセンター」、スポーツの魅力をアートとテクノロジーで表現する「Sports Design. Camp」、大学生が考案したオリンピック・パラリンピックワークショップ、オリンピック・パラリンピックの競技体験を行う。

パナソニック、東京2020公認プログラムとして参加型アクティビティ実施

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)