西武鉄道のミニ電車を運転、9/30「としまえん」に新アトラクション登場

趣味・娯楽 未就学児

「チャレンジトレイン」のイメージ。全長180mの線路を使って来園者自身がミニ電車を運転する。
  • 「チャレンジトレイン」のイメージ。全長180mの線路を使って来園者自身がミニ電車を運転する。
  • ミニ電車は西武鉄道の電車4形式をデフォルメしたデザインでまとめられる。画像は40000系を模したミニ電車。
西武グループの豊島園は7月24日、同社が運営する遊園地「としまえん」に新しい遊具鉄道「チャレンジトレイン」を導入すると発表した。9月30日にデビューする。

「チャレンジトレイン」は、西武鉄道の車両を模したミニ電車の遊具鉄道。今年3月にデビューした40000系電車などを「可愛らしくデフォルメ」した4両が導入される。車両の定員は1両につき4人、線路の全長は180mになる。

来園者自身がマスター・コントローラー(マスコン)やブレーキハンドルを操作し、運転する。マスコンはワンハンドル・マスコンとツーハンドル・マスコンの2種類から選べる。料金は400円。

豊島園は「電車を運転してみたかったお子さまはもちろん、電車好きな方やパパやママも楽しめます」としている。

西武鉄道の電車を運転できる? ミニ鉄道「としまえん」に開業 9月30日

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)