武蔵野大、2017年「数理工学コンテスト」…AO入試の出願資格に対応

教育・受験 高校生

 武蔵野大学は、2017年度で第4回となる「数理工学コンテスト」を開催する。対象は中学生と高校生。身のまわりの事項や社会的な問題に対して2つのテーマから選びアプローチする。なお、コンテストに応募することで、武蔵野大学AO入試の出願資格ともなる。募集期間は2017年9月1日から2018年1月31日まで。

 「数理工学コンテスト」は、数理工学の普及や数理工学教育の推進に貢献すること目的とし、毎年開催される。これまでに応募された研究内容は、物理や化学、生物などの自然科学分野から、日常的な統計シミュレーションなどバラエティに富んでおり、中高生らしいアイディアや、興味関心の幅広さなど、数理工学の汎用性を反映したユニークな作品が多いという。

 2017年度に開催される「第4回数理工学コンテスト」のテーマは、身のまわりの事項や社会的な問題に対して「数学や物理などの数理的な考え方を用いて数式化を行い、対象や問題の性質を説明する」「統計的なデータ分析を行い、問題を解決するための有益な情報を取り出す、あるいは興味深い解析結果を導く」の2つのうちいずれか。

 応募は、中学生、高校生、大学受験生の個人もしくはグループであること、A4版縦長用紙に横書きで8枚以内(図や表を含む)であることなどが条件となる。応募方法は、メールまたは郵便、宅配便で応募用紙とともに応募する。なお、応募用紙のダウンロード、レポートの書き方、過去の受賞作品の講評などは、数理工学コンテスト特設ページにて確認できる。

 応募期間は、9月1日から1月31日まで。結果は3月上旬に武蔵野大学Webサイトにて公開される。入賞者の授賞式は、3月下旬を予定。なお、コンテストに応募することで、AO入試(数理工学科)の出願資格の1項目として出願可能(応募年度不問)。

 武蔵野大学工学部数理工学科は、数理工学の力で自然現象や社会現象をモデル化しシステム設計に応用できる人材や、ビッグデータから問題の本質を見抜くデータサイエンティストの育成を目指す。

◆武蔵野大学工学部数理工学科「第4回数理工学コンテスト」
応募期間:2017年9月1日(金)~2018年1月31日(水)※当日消印有効
応募資格:中学生、高校生、大学受験生の個人もしくはグループ
テーマ:身のまわりの事項や社会的な問題に対して
「数学や物理などの数理的な考え方を用いて数式化を行い、対象や問題の性質を説明する」
「統計的なデータ分析を行い、問題を解決するための有益な情報を取り出す。あるいは興味深い解析結果を導く」のいずれか
応募規定:
・A4版縦長用紙に横書きで8枚以内(図や表を含む)
・参考資料(動画、集計データなどのファイル)を併せて提出することも可
・応募作品は、本人が創作した未発表の作品に限る
・応募作品は、肖像権や著作権など、そのほか第三者の権利を侵害するものではないこと
応募方法:応募作品はメールまたは郵便、宅配便
発表:2018年3月上旬に武蔵野大学Webサイトにて公開
※なお、コンテストに応募することで、AO入試(数理工学科)の出願資格の1項目として出願可能(応募年度不問)
授賞式:2018年3月下旬
※入賞者、入賞グループは授賞式に招待し、交通費については主催者から支給。交通費の支給については、入賞者、入賞グループ、担当教諭のみ。
賞:
最優秀賞/図書カード5万円分
優秀賞/図書カード1万円分
奨励賞/図書カード5千円分
《藍葉るらき》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)