青学、外国語教育とアカデミックスキルズを学ぶ公開セミナー9/30

教育業界ニュース イベント・セミナー

 青山学院大学附置外国語ラボラトリーは、大学の世界で勉強・研究するために必要な諸技能「アカデミック・スキルズ」と外国語教育を関連付けて学ぶ公開セミナーを9月30日に開催する。教職員や教育関係者のほか、学生・院生も参加可能。参加費は無料。

 大学の世界で勉強・研究するために必要とされる「アカデミック・スキルズ」だが、習得には批判的思考力の育成と指導の充実が求められおり、実際には課題が多いのが現状だという。今回の公開セミナーでは、そうした状況に外国語教育がどう関与し、大学教育全般に拡張できるかについて、6つの講演とディスカッション、質疑応答を通してともに考える場を提供する。

 講演では、青山学院大学附置外国語ラボラトリー所長・宮澤淳一教授による「引用しなければ注はいらない?」や、英語による発表「Strategies for plagiarism avoidance(剽窃を防ぐための方策について)」など、論文・レポートでの引用・参照方法の指導や剽窃防止教育といった、アカデミック・ライティングに関する提言も盛り込んでいる。また、斬新な初年次英語教育の実践報告や日本では知られていない「フランス流小論文」の紹介など、貴重な発表が行われる。

 セミナーは前半・後半にわかれており、講演を3本実施したのちディスカッションと質疑応答を行う。大学の教員はもちろん、小・中・高校の教員や教育関係者、学生・院生の参加も歓迎とのこと。参加費は無料で、定員は60名。9月22日までメールにて事前申込みを受け付ける。

◆公開セミナー「外国語教育とアカデミック・スキルズ―思考力を鍛え、マナーを学ぶ」
日時:2017年9月30日(土)13:30~16:45 (受付開始13:00)
場所:青山学院大学 青山キャンパス15号館(ガウチャー・メモリアル・ホール)5階特設会場
対象:小・中・高・大学教員、学生・院生、教育関係者
定員:60名
参加費:無料
申込方法:氏名など必要事項を記入しメールにて申し込む
申込先:青山学院大学附置 外国語ラボラトリー
申込締切:2017年9月22日(金)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)