【夏休み2017】39施設を見学、つくばちびっこ博士…8/31まで

教育イベント 小学生

 茨城県つくば市は、専用のパスポートを持ってつくば市内にある指定の研究機関や施設の展示、イベントを見学しながら回るスタンプラリー「つくばちびっ子博士2017」を8月31日まで開催している。対象は小中学生で、全国から参加可能。基準を満たすと、つくば市から「ちびっ子博士」に認定される。

 「つくばちびっ子博士2017」は、21世紀を担う子どもたちが研究機関などで最先端技術や自然科学に触れることにより、科学技術に対する関心を高め未来を考えるきっかけになることを目的に、平成11年度からつくば市が開催しているプログラム。2017年は39施設が見学施設に指定されている。

 8月5日からは、東洋ハウジングつくば支店「幸せづくり研究所 toyo*labつくば」を指定見学施設として公開する「家を作ろう!~自分の好きな家を建ててみよう~」が実施される。モデルハウスの見学と、家作り・街作り体験ができるイベントで、家を建てる時の過程について、土地探しから建築までを学ぶことができる。仮想の「つくばゆめ学園の森」におもいおもいの家を建て、みんなの「まち」を作ろう、というコンセプトのもと、3cm×3cmの木製キューブを1個100円で購入して、家や店、ビルなど個性あふれる建物を作り「まち」を育てる体験を行う。

 実施期間は8月5日から8月27日まで。参加にあたり事前の申込みなどは不要で、当日施設を直接訪れると参加できる。参加費として100円が必要。先着順のため、予定数を超えた場合は受付終了となる。施設番号は37。

 「つくばちびっ子博士2017」は、18か所以上の見学スタンプと400字程度の感想を提出した子どもを「最優秀ちびっ子博士」に、10か所以上の見学スタンプを提出した子どもを「優秀ちびっ子博士」として認定する。認定者には、認定証と記念品が贈呈される。パスポート受取り場所や、指定見学施設の場所、内容、見学可能な日時などを記した一覧表はつくば市のWebサイトが公開中。事前予約が必要な施設や有料参加のものもあるため、事前の確認をお勧めする。

◆つくばちびっ子博士2017
見学期間:2017年7月22日(土)~8月31日(木)
参加資格:全国の小中学生(幼児は参加資格対象外のため認定不可)
認定基準:
・最優秀ちびっ子博士/18か所以上の見学スタンプと400字程度の感想記入
・優秀ちびっ子博士/10か所以上の見学スタンプ
指定見学施設:39施設
料金:無料(一部有料)※保護者は有料になる施設あり
パスポートの提出方法:認定希望者は2017年9月25日(月)までに、事務局(教育指導課)にパスポートを郵送または持参
※つくば市立小中学校に在籍している児童生徒は学校に提出
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)