台風5号、8日には東日本到達か…影響長引く見込み

生活・健康 その他

 気象庁予報部が8月7日午前4時53分に発表した台風情報によると、台風第5号(ノルー)は四国にかなり接近しており、この後上陸する恐れがある。午前10時45分時点では高知県室戸市の室戸岬付近に存在しており、その後は近畿地方を北東に進み、8日には東日本に達する見込み。台風は動きが遅いため、大雨などの影響が長く続くことが予想されるという。

 台風第5号は7日午前3時に足摺岬付近にあり、1時間におよそ15キロの速さで北東へ進行。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。午前10時45分発表の台風情報によると、存在位置は高知県室戸市の室戸岬付近。

 四国の海上では猛烈な風が吹いており、九州や四国地方の海上は大しけとなっている。8日にかけて西日本や東海地方を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込み。

 西日本の太平洋側は7日夜遅くまで、東海地方では8日にかけて、断続的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り大雨となる恐れ。また8日は東日本を中心に大雨となる恐れがあるという。8日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、近畿地方・東海地方500ミリ、四国地方400ミリ、北陸地方300ミリなどとなっている。

 7日午前11時05分現在、西日本や東日本を中心に警報・注意報が発令されている。気象庁は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼び掛けている。なお、7日午前10時45分時点の台風情報によると、台風第5号は9日午前9時には長野県上田市にある見込み。

 また今回の台風は動きが遅いため、大雨などの影響が長く続く見込みだという。交通機関に影響が出る可能性も考えられるため、夏休みの旅行や帰省においても今後の情報に十分注意したい。
《荻田和子》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)