【大学受験2018】河合塾、小論文・総合問題の出題概要一覧を掲載

教育・受験 高校生

河合塾「Kei-Net」
  • 河合塾「Kei-Net」
  • 2018年度入試 小論文・総合問題 出題概要一覧(国公立大学・一部)
  • 2018年度入試 小論文・総合問題 出題概要一覧(私立大学・一部)
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は8月23日、2018年度入試情報に小論文・総合問題の出題概要一覧を掲載した。一般入試にて小論文・総合問題を課す大学のうち、8月23日時点で出題概要などが公表されているところをまとめた一覧表となっている。

 国公立大学をみると、京都大学法学部が特色入試(後期)にて、日本語と英語の文章を題材とする小論文を出題。北海道大学文学部人文科学科(後期)では、高等学校の「国語」「地理歴史」「公民」を総合した問題を出題するが、英語の基礎的な知識も要求される。同じく北海道大学歯学部歯学科(後期)は、生命科学を含む社会一般に関する内容の総合問題を出題し、英語または日本語による文章を提示し日本語で解答する問題を出題する。

 私立大学では、青山学院大学文学部がフランス文B方式の論述において、文化・社会などに関する文章を提示する。聖心女子大学文学部の総合小論文方式では、ある1つのテーマに沿って、日本語の文章、簡単な英語の資料、図版やグラフなどの図表的資料の3種類の資料を提示。それらの資料をもとに2種類の設問に解答する。

 なお、一覧表では小論文の出題概要のうち、文章表現力、論理的思考力など、通常の小論文で求められる能力については割愛しているという。また、掲載内容は変更の可能性もあるため、詳細は各大学の学生募集要項にて確認する。

 Kei-Netでは2018年度入試情報として、入試難易予想ランキングやセンター試験に関する情報なども掲載。そのほか、学習対策にて、小論文試験の基礎知識や過去の出題概要なども閲覧できる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)