京都女子大、小学生プログラミングコンテスト…9/3までScratch作品募集

教育イベント 小学生

 京都女子大学は、「第1回KWU小学生プログラミングコンテスト」を開催する。京都市内の小学生を対象に、Scratchで作成したオリジナル作品を9月3日まで募集している。書類による1次審査を経て、9月16日に公開審査を実施する。

 2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育。京都女子大学が初めて開催するのは、そのプログラミング教育を先取りする小学生向けのプログラミングコンテストだ。コンテスト開催に向け、7月にはプログラミング教室も開催した。

 対象は、京都市内の小学校に通う1~6年生。募集するのは、Scratchで作成したオリジナル作品で、テーマは自由。小学生の自由な発想で作品を仕上げ、Webサイトの応募フォームを通じて応募する。

 募集期間は当初、8月30日までとしていたが、9月3日午後5時まで延長。応募作品は、保護者を通じてWebサイトから提出すること。詳しい応募方法やScratchの保存方法については、KWU小学生プログラミングコンテストの特設サイトで確認できる。

 書類による1次審査を通過した作品は、ファイナリストとして9月16日に京都女子大学で開催する公開審査に進出。参加者によるプレゼンテーションを経て、最優秀賞1点、優秀賞2点、アイデア賞2点、プレゼン賞1点が選ばれる。

◆第1回KWU小学生プログラミングコンテスト
募集期間:平成29年9月3日(日)17:00まで
対象:京都市内の小学校に通う1~6年生
募集作品:Scratchで作成したオリジナル作品
テーマ:自由
応募方法:保護者を通じて、Webサイトの応募フォームから提出する
公開審査:平成29年9月16日(土)午後予定
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)