スタディサプリ、47都道府県別「高校受験対策講座」開始

教育・受験 中学生

47都道府県別「高校受験対策講座」
  • 47都道府県別「高校受験対策講座」
  • スタディサプリ
 リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、9月1日より中学講座にて47都道府県別「高校受験対策講座」を開始した。過去5年分の入試問題を分析し、演習問題と実力派講師による解説を提供する。月額利用料は980円(税別)。

 スタディサプリは、小学校4年生から大学受験生を対象に、実力派講師による講義動画をすべて見放題で提供している。月額料金は980円(税別)。「世界の果てまで最高のまなびを届けよう」をコンセプトに、2016年度は累計42万人が利用したという。

 中学生を対象とした「スタディサプリ中学講座」では現在、内申点対策となる全国公立中学の教科書に対応した「定期テスト対策講座」を提供している。今回は新たに、公立高校の都道府県別の入試問題に対応した「高校受験対策講座」を新たにラインアップに加える。

 公立高校の入試は都道府県別の制度で実施されているため、受験する都道府県ごとに対策は異なる。そこで、「高校受験対策講座」では、各都道府県の過去5年分の入試問題を分析し、押さえておくべき問題を網羅した演習問題と、実力派講師による解説を提供。よって、受講者は出題傾向を踏まえた対策が可能だ。講座では、各都道府県専用の演習問題(PDF形式)を解き、わからないところのみ解説動画を見て理解を進めていく。

 なお、9月からは渋谷区教育情報化システム「渋谷区モデル」に採用され、渋谷区立小中学校の全児童・生徒約8,000人がスタディサプリを教材として利用する予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)