残席わずか「ワオ!スーパーサイエンスショー」11/3大阪で初開催

教育イベント 小学生

ワオ!スーパーサイエンスショー in 大阪
  • ワオ!スーパーサイエンスショー in 大阪
  • 実験(一部)と特別企画のジャグラー紹介
 ワオ・コーポレーションは、小学生を対象に全国で開催している「ワオ!スーパーサイエンスショー」を11月3日に大阪で初開催する。会場は大阪工業大学・梅田キャンパス。Webサイトや電話にて事前申込みを受け付けており、すでに残席わずかだという。

 「ワオ!スーパーサイエンスショー」は、子どもたちに科学のおもしろさを感じてもらうことを目的に、身近にある科学をテーマに全国で実施している科学実験ショー。2017年は、今回の大阪で9都市目の開催となる。ワオ・コーポレーションの40年にわたるノウハウを凝縮した内容で、子どもたちが科学に興味を持つきっかけになるとして各都市で人気を博しているという。

 今回のテーマは「キッチン家電の秘密大実験!」。「電子レンジで水と油を温めるとどちらが早く温まるか」「IHクッキングヒーターでいちばん熱くなる鍋の素材は何か」など、家電製品の仕組みや電気の性質について楽しく学べる実験が多数行われる。白熱電球を電子レンジで温めるスリリングな実験や、自分で体験できる実験など、ボリューム満点のプログラムが組まれている。

 また、今回特別企画としてワオ・コーポレーションのエンターテイメント部門「ワオ・エージェンシー」所属の木下洸希氏による「スーパージャグリングショー」も同時開催。若干18歳ながら数々の大会で最年少記録を塗り替えている同氏が、得意技の高速ジャグリングで会場を盛り上げる。

 対象は小学1~6年生で、参加には保護者の同伴が必要。参加費として材料費子ども1人あたり1,000円がかかる。申込みはWebサイトや電話にて受け付けており、定員になり次第締め切りとなる。なお、10月10日時点で定員まで残りわずかのため、早めの申込みをお勧めする。

◆ワオ!スーパーサイエンスショー キッチン家電の秘密大実験!
日時:2017年11月3日(金・祝)13:00~15:15(12:30受付開始)
場所:大阪工業大学 梅田キャンパス3階 常翔ホール(大阪市北区茶屋町1-45)
対象:小学1~6年生(保護者同伴必須)
定員:親子275組550名(定員になり次第締切り)
参加費:材料費として子ども1人あたり1,000円(税込)
申込方法:能開センターWebサイトの申込みフォームまたは電話から申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)