ステージや展示で発表、多摩地区都立学校教育フェア11/11学芸大

教育イベント 高校生

 東京都教育委員会西部学校経営支援センターと東京学芸大学は平成29年11月11日、多摩地区都立学校教育フェア「西風(にし)」を東京学芸大学芸術館とその周辺で開催する。誰でも入場できる。

 教育フェア「西風(にし)」は、特別支援学校と都内の高校の児童生徒が連携して行う成果発表会。特別支援教育への理解啓発を進めることを目的としている。これまでは立川で行われていたが、今年度(平成29年度)より東京学芸大学に会場を移して開催する。

 「販売・展示・体験部門」には、20のブースが出展する。焼き菓子や木工、陶芸、農園芸などの販売や、ブラインドサッカーやボッチャなどの体験、オリパラ教育や学習活動の展示が予定されている。「ステージ発表部門」では、東京学芸大学の学生が照明・音響を担当し、和太鼓やダンス、ジャグリング、合唱などのステージ発表が行われる。

 当日は、2020東京パラリンピックPRイベント「NO LIMITS CHALLENGE」も開催され、パラリンピックの柔道アスリートである齊藤大起選手によるデモンストレーションと体験会、陸上競技用車いす(レーサー)の乗車体験もできる。

◆多摩地区都立学校教育フェア「西風(にし)」
日程:平成29年11月11日(土)
時間:販売・展示・体験部門/11:00~15:00、ステージ発表部門/11:30~16:00
会場:東京学芸大学(小金井市貫井北町4-1-1)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)