東京都推計人口、新成人は11万9千人…ピーク時の3分の1

生活・健康 その他

東京都の出生年別年男・年女人口
  • 東京都の出生年別年男・年女人口
  • 東京都の新成人人口の推移
  • 総人口(推計)の月別推移
  • 対前月増減数の月別推移
 東京都は平成29年12月25日、「年男・年女」「新成人」「人口総数」の推計人口を発表した。戌年生まれは十二支別人口でもっとも少ない103万2,000人。新成人人口は、前年比1,000人増の11万9,000人。人口総数は前年同月より10万6,943人多い1,375万6,063人であった。

 「年男・年女人口(推計)」と「新成人人口(推計)」は、住民基本台帳人口(日本人のみ)をもとに平成30年1月1日現在の東京都の人口推計をまとめたもの。

 平成30年の東京都の年男・年女人口は103万2,000人。都内の総人口のうち、戌年生まれは十二支別人口の中でもっとも少ない。男女別では、年男50万7,000人、年女52万5,000人。出生年別では、平成30年中に48歳になる昭和45年生まれが22万2,000人でもっとも多い。

 東京都の新成人(平成30年1月1日現在20歳)の人口は11万9,000人。ピーク時の昭和43年と比べると約3分の1まで減っているものの、前年より1,000人の増加となる。男女比では、男性6万人、女性5万8,000人。

 一方、「東京都の人口(推計)」は、平成27年10月1日現在の国勢調査人口(確報値)を基準とし、毎月の住民基本台帳人口の増減数を加えて推計したもの。人口総数は、1,375万6,063人。このうち、男性は677万6,007人、女性は698万56人。

 地域別では、区部が948万535人、市部が419万2,120人、郡部が5万7,665人、島部が2万5,743人。総数では前月より2,061人、前年同月より10万6,943人増えている。

 区部でもっとも人口が多いのは「世田谷区」の92万1,932人、ついで「練馬区」73万1,720人、「大田区」72万8,617人。「世田谷区」は前年同月より7,495人の増加となった。市町村別では、「八王子市」の57万8,181人がもっとも多く、「町田市」の43万4,209人が続いている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)