フィボナッチ数列は2進数でも美しいのか? 第5回マスコン、15歳女子が受賞

 日本数学検定協会は2017年12月27日、理数教育研究所が主催している「塩野直道記念 第5回『算数・数学の自由研究』作品コンクール」の「日本数学検定協会賞」受賞作品を京都府在住、15歳の小中学校9年生、吉田桃子さんに決定した。

教育・受験 中学生
「日本数学検定協会賞」を受賞した吉田桃子さん
  • 「日本数学検定協会賞」を受賞した吉田桃子さん
 日本数学検定協会は2017年12月17日、理数教育研究所が主催している「塩野直道記念 第5回『算数・数学の自由研究』作品コンクール」(マスコン)の優秀賞のひとつである「日本数学検定協会賞」の受賞作品を決定し、表彰式典で受賞者を表彰した。

 日本数学検定協会賞」は、マスコンのなかでも特に算数・数学の研究として優れたレポート1作品を選出し、日本数学検定協会が表彰する賞。第5回にあたる塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクールでは、同賞に京都府在住、15歳の京都教育大学附属京都小中学校9年生である吉田桃子さん(吉はツチヨシ)が選ばれた。

 吉田さんの研究テーマは「フィボナッチ数列は2進数でも美しいのか」。「自然界に多く存在するフィボナッチ数列とコンピュータを動かす2進数、対極にあるようなものを組み合わせてみるとどうなるのか」という疑問から研究課題を設定し、オリジナルの考察を加えて研究精度を高めた点が「たいへん優秀」と評価された。

 受賞した吉田さんは、「私が今回取り組んだテーマは、数学とプログラミングという自分の好きな分野を組み合わせたもので、研究することはとても楽しかったです。これからも技術を学び、すばらしい賞をいただけたことに恥じないよう、精進していきたいと思います」と喜びを語った。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)