神奈川県、「校内研究」をテーマに学力向上シンポジウム1/19

 神奈川県教育委員会は平成30年1月19日、「平成29年度かながわ学力向上シンポジウム」を開催する。今年度のシンポジウムは「校内研究」にスポットをあて、横浜国立大学教育学部の池田敏和教授による講演や、県内小学校による事例発表、パネルディスカッションを行う。

教育イベント 先生
神奈川県
  • 神奈川県
  • 「平成29年度かながわ学力向上シンポジウム」の開催概要
 神奈川県教育委員会は平成30年1月19日、「平成29年度かながわ学力向上シンポジウム」を開催する。今年度のシンポジウムは「校内研究」にスポットをあて、横浜国立大学教育学部の池田敏和教授による講演や、県内小学校による事例発表、パネルディスカッションを行う。

 神奈川県教育委員会では、平成20年度から「かながわ学びづくり推進地域研究委託事業」を実施し、県内の子どもたちの確かな学力を育むための取組みを進めている。「かながわ学力向上シンポジウム」では事業の実践報告のほか、PTA、学識経験者などを交えた意見交換会を実施。児童・生徒の学力向上など、小・中学校教育の充実を図ることを目的としている。

 平成29年度のシンポジウムは「校内研究」にスポットをあてる。当日は、横浜国立大学教育学部の池田敏和教授による基調講演「これからの学力、これからのかながわの学びづくり」からスタート。秦野市立本町小学校と茅ヶ崎市立浜須賀中学校の事例発表のほか、パネルディスカッションを行う。

 パネルディスカッションのテーマは「実践事例から学ぶ、チームで取り組む学びづくり」。コーディネーターは、かながわ学力向上支援連絡協議会会長である横浜国立大学教育学部の青山浩之教授。パネリストとして、基調講演を行う池田敏和教授、神奈川県PTA協議会の笹原和織会長、秦野市立本町小学校の麻生達也教諭、茅ヶ崎市立浜須賀中学校の程島観教諭の4名が参加する。

 会場は神奈川県立総合教育センター(善行庁舎)。申込方法は、県内公立学校の教職員や保護者については、各学校で取りまとめ、所管の教育委員会を通して申し込む。一般の参加希望者の場合、事前の申込みは不要で直接会場へ向かう。座る場所によっては非常に冷え込むとして、十分な防寒具の用意を勧めている。

◆平成29年度かながわ学力向上シンポジウム
日時:平成30年1月19日(金)13:30~ 受付開始は13:00
会場:神奈川県立総合教育センター(善行庁舎)大講堂(藤沢市善行7-1-1)
対象:県内公立学校教職員や保護者、そのほか一般の人も参加可能
申込方法:
県内公立学校教職員・保護者/各学校で取りまとめ、所管の教育委員会を通して申し込む
一般/事前の申込みは不要・直接会場に向かう
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)