女性視点の防災ブック「東京くらし防災」3/1から配布

 東京都は平成30年1月19日、女性視点で作成した新たな防災ブック「東京くらし防災~わたしの『いつも』がいのちを救う。」を3月1日より都内各所にて配布すると発表した。区市町村施設のほか、百貨店、地下鉄、銀行など民間企業の協力のもとさまざまな場所に設置する。

生活・健康 その他
 東京都は平成30年1月19日、女性視点で作成した新たな防災ブック「東京くらし防災~わたしの『いつも』がいのちを救う。」を3月1日より都内各所にて配布すると発表した。区市町村施設のほか、百貨店、地下鉄、銀行など民間企業の協力のもとさまざまな場所に設置する。

 東京都では、東日本大震災以降、都民の防災意識を高め、各家庭において首都直下型地震などのさまざまな災害に対する備えを万全にしてもらうことを目的に、日常的に活用できる防災ブック「東京防災」を作成。平成27年9月より都内の各家庭への配布や一般向け販売、電子版のリリースなどを行ってきた。

 さらに女性の防災への参画を促すとともに、女性ならではの視点での防災と災害時の対処法を広く啓もうすることを目的に、平成29年5月に「女性視点の防災ブック 編集・検討委員会」を設置。被災時の授乳方法やミルクの確保乳児用液体ミルクの備蓄、日頃から家庭内で活用できる防災対策など、防災ブックに記載すべき内容について女性有識者の意見を参考に編集を進めてきた。

 防災ブックはB6判164ページ。都立・区市町村立の施設のほか、小田急・地下鉄などの駅、百貨店、郵便局、銀行など民間企業の都内店舗に設置される。さらに都民が身近な場所で手に取ることができるよう、2月には新たな設置協力企業を募集する。設置場所の詳細は2月中をめどに発表予定。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)