JTB×東京電力、小学生向けお仕事体験プログラム2/2発売

 JTBコーポレートセールスと東京電力ホールディングスは、小学5・6年生を対象とした親子向けお仕事体験プログラムを2018年3月26日に実施する。場所は、東京電力フュエル&パワーの川崎火力発電所。2月2日の午後2時よりJTB「旅いく」Webサイトにて販売する。

趣味・娯楽 小学生

 JTBコーポレートセールスと東京電力ホールディングスは、小学5・6年生を対象とした親子向けお仕事体験プログラムを2018年3月26日に実施する。場所は、東京電力フュエル&パワーの川崎火力発電所。2月2日の午後2時よりJTB「旅いく」Webサイトにて販売する。

 「川崎火力発電所で1日発電所員体験」は、JTBコーポレートセールスが3歳から12歳の子どもを持つ家族向けに展開する「旅いく」と東京電力ホールディングスのタイアップ第1弾。次世代を担う子どもたちにエネルギーを身近なものとして学んでもらうことを目的に、電気の工場である「火力発電所」を舞台に実施する。

 プログラムでは、電気が発電されてから身近なところに届くまでの流れや、川崎火力発電所の特徴などを学ぶほか、ミッションを伴う「構内パトロール」を実施。発電所構内の観察や実際に働く発電所員へのお仕事インタビューを行い、体験したことを言葉にまとめ、チームで考え、発表する機会も設けている。

 1日発電所員になるという設定で子どもたちの自主的な参加意識を促し、仕事における「安全第一の意識、知識の蓄えなどの準備、チーム力」などの大切さや、限りある資源・環境への配慮の大切さなど、生活の中に当たり前のようにある電気の大切さに気付くことができる内容になっている。

 価格は大人1,000円、子ども2,000円。2月2日の午後2時より「旅いく」Webサイトにて販売を開始する。今後、東京電力グループのほかの電力設備などを体験するプログラムなども検討しているという。JTB「旅いく」では、さまざまな企業・行政とタイアップし、未来を支える子どもたちにとって質の良い体験機会を提供している。

◆川崎火力発電所で1日発電所員体験
日時:2018年3月26日(月)
場所:東京電力フュエル&パワー 川崎火力発電所
対象:小学5・6年生および保護者
価格:大人1,000円、小学生2,000円
申込方法:JTB「旅いく」Webサイトから申し込む
※2018年2月2日(金)14:00販売開始
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)